毒草一覧次の花
ハナミズキ、アメリカヤマボウシ


公園や街路樹でおなじみの樹です。初夏に白、ピンク、黄色など鮮やかな花を咲かせます。東京都がワシントン市に親善のしるしとして送ったサクラの苗木の返礼にアメリカから送られたのが初めてで、その後各地に広まっていきました。当初は「アメリカヤマボウシ」と呼ばれていましたが、日本のミズキの花よりも美しいということから「ハナミズキ」の名で普及したようです。


毒草名  ハナミズキ、アメリカヤマボウシ、ドッグ・ウッド(Dogwood)
学 名  Cornus florida Linn.
特 性  ミズキ科 ミズキ属、日米親善の耐寒性落葉高木
花 期  4〜5月、果期 10月
毒部位  葉
成 分  
症 状  皮膚炎


 

 

樹皮を煎じたものを犬の皮膚病治療に使ったことから「ドッグウッド(dogwood)」の英名を持ちます。



≪ドッグウッドの伝説≫
その昔、ドッグウッドはとても大きくとても丈夫な木でしたので十字架の材料として使われていました。そしてキリストがかけられたときの十字架にも使われてたのですが、ドッグウッドはそのような残酷な目的のために使われることになってしまっていることがつらくてつらくてたまりませんでした。そんな苦しむ姿を見かねたキリストはドッグウッドをなぐさめ、二度と十字架の材料にされないよう、幹を細く折れ曲がった形に変え、4枚の花びらの2枚を短くして十字架をかたどるように、それぞれの花びらの先端には薄茶色の磔の釘と錆と血あとを残し。花の中心部には小さないばらの冠を付けたのでした。・・・でも、キリストが磔にされたエルサレムにはハナミズキはなかったそうです。



 





花びらに見えているのはガクが変化した総苞片といわれるもので、真ん中にある黄色い部分が花の本体です。開く前はくっついているんですね。もっと楽に開くようにすればいいと思うんですが、自分にキビシイ性格なんでしょうか・・・




葉の表面にある毛に刺激性物質を含むため、肌に触れると皮膚炎を起こします。


 

≪MEMO≫
・アメリカから送られたハナミズキの原木:都立園芸高校(東京都世田谷区)、小石川植物園、農水省果樹試験場興津支場(静岡県清水市)
・バージニア州の州花


毒草一覧 次の花


TOPinformationBBS